ブログ

甲府富士屋ホテル 夏だ!ホテルのビアホール| 山梨県甲府市湯村3-2-30

こんにちはミイです。

今回はなんと!甲府富士屋ホテルのビアホールへ美味しい料理を食べに行っちゃいました
おいし~きれ~いだし皆さんに早くにお伝えしたくてドキドキでした

ではこの感動を忘れる前に、8月24日に開催された
「甲府富士屋ホテル 夏だ!ホテルのビアホール」
の様子を今回はご紹介いたします。
会場の様子
ビアホールというと高層ビルの屋上でちょっと蒸し暑い中バーベキューなどを楽しむといったイメージをもっていましたが、今回は屋内でバイキング式のビアホール

ミイのイメージとは違いましたが、涼しい中で楽しむビアホールもまた快適です。
また料理もホテルのシェフが作るお料理でとてもおいしかったです。

ミイは普通の飲食店のお料理でも十分美味しいと思いますが、ちょっと高級な感じでした!富士屋ホテルの定番、特製カレーもあります。特製カレーだけを食べにくる方も多い、大人気のホテル仕込みの極上カレーです。
甲府富士屋ホテル特製カレー
料理3
料理5

和・洋・中と3種類と他にも多数のお料理が並んでいました。
もちろんお酒やジュースも飲み放題。お酒の種類も豊富で選べる楽しさもありました。
スイーツもたっくさんあって、お菓子の国にいるみたいでしたっ
甘いもの大好きなミイにとってもはまさに天・国

東京タワーゼリー
ビアホールというと大人のムードがありそうですが、
会場には小さな子供を連れた家族も見られました。
・・・あれっ?お菓子の国にいる感覚のミイも子供ですか?

料理の種類にも満足出来て、それに負けない美味しい料理。
本当に幸せな時間でした

会場ではいろいろな催しものが行われていました。
外の屋台ブースでは射的綿あめ、ポップコーンなどがあり多くの子供たちでにぎわっていました。
マジシャン

目の前で作ってくれるクレープ1
またマジシャンの方が各テーブルで個別にマジックをおこなっていて近くでマジックを楽しむことがでます。

またバルーンアートの芸人さんも会場のテーブルを回っており、
声をかければバルーンのプードルをまさに芸術的な手つきでぱぱっと作ってくれます。
子供も混ざってミイもおおはしゃぎしちゃいました。

またステージではジャズの生演奏が行われており、ジャズを聴きながらのお料理もまた格別ですね。

お食事のあとはムードのいいお店でお酒をたしなむのはいかがでしょうか?

富士屋ホテルメンバーズラウンジ「The MAPLE」
店内の様子1

甲府の夜景が一望でき、革張りのソファでいただくカクテルは
とってもゴージャスな気分にさせてくれます。
夜景1
こちらのラウンジは家族連れでも入れるビアホールとは違ってまさに大人のお店。

店内は優しいオレンジのライトが灯っていて、大人なお店の雰囲気が漂っています。
窓際の席に座れば富士屋ホテルからの絶景の夜景!
のんびりとお酒を飲みながらこんなゴージャスな気分に浸れるなんてお姫様みたいです

県内でこのような空間を過ごせる場所は数少ないので、ミイも大切な人と来たいな

バーにはいろいろなお酒が用意されているのですが、
お腹ももいっぱいだったので、今回はファンタジアをいただきました。
ワイン・グレープフルーツ・グルーハワイシロップのカクテルで甘くてとてもおいしかったです。メロメロ~

ファンタジア
しかも皆さん聞いて下さい!実はメニューにはないカクテルでもイメージを伝えれば自分だけのカクテルを作ってもらうことも出来るみたいです!

もっと早く知っていればミイのイメージでカクテル作ってもらいたかったなぁ
お酒が苦手な方でもまずは弱めなカクテルからチャレンジしてみるのも手かもしれませんね。

富士屋ホテルには他にも、ランチやどなたでも気軽に立ち寄れるカラオケルームや居酒屋「甲斐路 串信玄」もあるのでぜひみなさんも行ってみて下さいね。

ちなみにウェブマガジンやまなしぃ9月号でも特集しますのでぜひこちらも見て下さい
9/1公開でーす

甲府富士屋ホテル
〒400-0073
山梨県甲府市湯村3-2-30
TEL 055-253-8111

関連記事

コメント

  1. -弊社WEBメディア新企画へのご協力のお願い『Antenna』運営チーム-
    突然失礼致します。Antenna運営の中澤と申します。
    以前Twitterにてご連絡させていただきましたが、【山梨県クチコミブログ ももいろぱんぷきん♪】を見て、ぜひ弊社WEBメディア『Antenna(アンテナ)』<http://antenna.jp>の【山梨県代表】のキュレーターをお願いしたく、詳細についてご案内したいのでご連絡先を教えて頂けませんでしょうか?よろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る